無利息キャッシングの総量規制について


金融機関から借り入れをするときに「総量規制」というのがあります。
 
1990年の3月に出来た総量規制の目的は、その当時の異常に跳ね上がった不動産価格の値上がりを沈静化させることを目的とする政策でした。
 
年収の3分の1以上は借りられないようにして借り過ぎを抑えることから始まったこの制度が、現在では、収入のない主婦の借り入れの時に便利に使われるようになっています。
 
それは銀行はこの総量規制対象外で、収入のない主婦でも借入が出来るからですが、現在では銀行系の消費者金融会社が多くなっているので、たとえ収入のない主婦でも無利息キャッシングを利用することが可能です。

専業主婦でも借りれるおすすめはこちら
 
また、銀行系の運営する消費者金融なら安心というのも、借りる主婦にとって気が楽です。
 
無利息キャッシングのサービスが出来た当時は、期限が1週間というのがおおかったのですが、現在では30日というのが多くなっています。
また、最初はほとんどが新規の時1回限りでしたが、現在では何回でも可能という消費者金融もあるなど、借りる側にとってはとても便利でお得になっています。
 
主婦の借り入れ目的も昔は生活費の不足を借りるというケースが多かったものですが、現在の主婦はオシャレ目的や、友達とのレジャー、あるいは高額な贅沢品を買うためになど、自分の人生を充実させるために借りることが多くなっています。
 
ただ、気が楽に借りられるためについつい気がゆるみ、借金まみれになっていたというケースもありますので、借り過ぎにはくれぐれもご注意ください。
借り過ぎて問題を起こさない限りは便利でお得でありがたいのが無利息キャッシングです。