無利息キャッシングの金利について

決められた期日内に返済すれば利息がかからないのが無利息キャッシングです。

期限内に返せないときは、それ以降は利息分を払うことになりますが、ペナルティもありませんし、信用を落とすこともないので安心です。

お友達に借りてトラブルになることも避けられます。
 
このお得で便利な無利息キャッシングをフル活用している人は多いですが、無利息キャッシンの利息は、各消費者金融によっても違いますので、調べて安いところ利用することをおススメします。

結果的に無利息キャッシングよりももともとの金利が低い銀行カードローンの方が長期的に見ればお得に借りられることもあるのです。

銀行カードローンの審査のポイントって?

 
金利が低い銀行カードローンですが、その分申込条件のハードルが高いと思いきやそうでもありません。

銀行カードローンではキャッシング審査同様に、勤務先や居住地そして他社借入などをもとに審査を行います。

  • 定期的な年収がある
  • 年齢が20歳以上〜65歳未満
  • 複数の他社借入がない

低金利の銀行カードローンについて

個人向け貸付の銀行カードローンなら定期的な収入があり、年齢が20歳~65歳なら申込条件を満たしているということです。

他の会社から借入がある場合は審査が厳しめに行われる可能性がありますが、他社からの借り換えや現在ある複数社の借金を一本化することで、今よりも金利が低くなることもあり得ます。

あとは申し込む際に記載する事項に関して嘘は厳禁だということを肝に銘じておきましょう。

本来借りられるはずだったお金が、虚偽申告によって審査に通らなくなる可能性があるからです。

無利息キャッシングの注意点

 
適用条件も様々ですが、無利息期間のカウントを「契約日翌日から」と「借入日の翌日から」という2つのパターンがあります。

この2つの違いは大きく、「契約日翌日から」は、契約したらすぐに借り入れをしないと無利息の期間がどんどん減りますから気をつけてください。
 
そして、もう一つ注意をしないといけないのは、計画性をもって無利息キャッシングを使わないと、無利息期間を過ぎた分の利息を払うだけでなく、そこに遅延損害金も払うようになります。
 
さらに、無利息キャッシングにペナルティはないといっても、遅延や滞納が多いと信用情報に載せられて他社からの借入が難しくなったり、利用をストップさせられることもあります。
 
お金に困ったときに一般の消費者金融から借入が出来ないというのは怖いです。

困って闇金融や悪徳金融業者から法定外の高利な借り入れをして、人生までダメにしてしまう例があまりにも多いので、くれぐれも注意をしてください。